バイクとカメラとその他色々と


by cfbsp877
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

高遠@桜

三大名桜のひとつ
高遠城址
長野県の伊奈地方の奥にある桜の名所を訪れました
この日の前日は季節外れの大寒波が襲来
高速でバイクでしたが…恵那山トンネルを抜けるとそこは雪国でした
山は真っ白、寒さは堪えるで予想外
駒ヶ根SAで休憩ですがバイクは我々のみ…チャレンジャーです
陽が射してくるとたちまちに雪が溶けだし霧に
まったく見えない視界の中の走行で驚きです
a0125122_22285992.jpg
a0125122_2229538.jpg
a0125122_22291478.jpg

ここ高遠の桜は淡いピンクの花を咲かせます
その色合いが鮮やかで雲海のようにみえます
品種はタカトオコヒガン桜
桃園というにふさわしい景色です
a0125122_22292761.jpg
a0125122_22293525.jpg
a0125122_22294471.jpg

高遠の桜ですが、桜に積った雪で幹や枝がかなりの割合で折れたとの事でした
午前中は清掃のため入場出来ず
午後からでしたが中に入って驚き!本当に大きな幹がへし折れてました
途中拝観最中に折れてきた枝もありました
桜は繊細な植物なんですね

More
[PR]
by cfbsp877 | 2010-05-05 22:32 | 草花

彦根@桜

垂井をあとにして彦根城までツーリング
現存している城で国宝に指定されなおかつ桜百選
駐車場の道は険しい~、堀の周りでは車は全く動きません
のでバイクでさっさとUターンし役所の片隅へ停めます
バイクならではの機動力です
a0125122_684813.jpg
a0125122_685524.jpg
a0125122_69175.jpg


丁度この頃が桜満開!そして気温が急上昇で皮ジャンで来ていたので暑い~
城へ入場するも上がるには1時間待ちでした
ひこねゃんの時間とあり人だかりには凄い熱気です
ここは城へ上がらずとも上から町並みと琵琶湖を見降ろす景色も良い
桜との時期はこの時だけなのでお勧めです
この日はカメラをメインにサトキチさんと御同行でした
ツーリングならバイクに跨る時間が多いがこの日は歩く時間が圧倒的に多い
汗かいて健康的に趣味を謳歌出来た一日でした
a0125122_612542.jpg
a0125122_6121385.jpg


More
[PR]
by cfbsp877 | 2010-04-28 06:15 | 散歩

垂井 鯉のぼり

既に2週間前の話になりますが…桜を求めての旅です
ツーリング途中でほぼ思いつきにて垂井に寄り道です
ここ相川は毎年鯉のぼりを川に吊るします
何匹の鯉のぼりでしょうか?爽快です
今年は桜とのコラボです。その光景は初めて見ました
川原ではお年寄りがゲートボールを楽しんでみえます
またイベントでよさこいが行われてました
のんびり休日モードの川原でした~
a0125122_2211895.jpg
a0125122_2212524.jpg
a0125122_2213376.jpg
a0125122_2214451.jpg


More
[PR]
by cfbsp877 | 2010-04-26 22:02 | ツーリング

墨俣城跡

美濃に知られた桜の名所のひとつ
墨俣城の犀川があります
墨俣は信長の配下であった秀吉が一夜で城を築き美濃攻めの拠点とした場所です
春ののこ道を走っていると川を埋めるように桜が咲き
城跡は中々の人で賑わう
休日は凄い人でしょう

夕日に映える川と城
この日の川は夕凪とありまるで写し鏡のようでした
a0125122_8173663.jpg
a0125122_817446.jpg
a0125122_8175166.jpg
a0125122_8175972.jpg
a0125122_81892.jpg


More
[PR]
by cfbsp877 | 2010-04-24 08:19 | ツーリング

薄墨桜を求めて

既に平野の桜は終わりましたが今月は自分の中で桜強化月間!と勝手に掲げて展開していきます
岐阜県の美濃地方に樽見線と呼ばれる第三セクターの鉄道があります
この鉄道沿線も見事な桜がひっそりと咲きその道のマニアを引きつけて止みません

木知原駅
少ない本数を時刻表とにらめっこしながら桜が咲く沿線を待ちわびる
桃色の電車が駅に到着すると絶好のシャッターチャンスに心躍る瞬間でもある
a0125122_10311794.jpg


日当駅
以前はR157沿いにあったのだが見当たらない
戻ると小さな看板がある
どうやら新しいトンネルがショートカットとなり以前の道は旧道となってしまっていた
山間を縫うように陽が当たる
その駅を屋根が覆うように桜が咲く。心憎い演出である
そんなローカルな駅にバイクで来て良かったと旅情を掻き立てられる
a0125122_10313162.jpg


岐阜県根尾谷に全国的に有名な古木がある
およそ1500歳といわれ三大桜のひとつに数えられる
時は平安の継体天皇の伝承が残る
名古屋界隈に住む人ならすぐにピンときたであろう薄墨桜である
この桜は昭和初期に樹生がえらく衰えた。とても持ちそうにないと言われた
しかし医師や地元の方の尽力で息を吹き返した
散り際になると薄い墨を引いたような花弁をつける、と言われています
a0125122_10314826.jpg


More
[PR]
by cfbsp877 | 2010-04-23 10:35 | 散歩

嵯峨嵐山

京都嵐山と言えば…以前は芸能人のショップと言うイメージでした
そして紅葉と桜とトロッコ電車、渡月橋が思い浮かびます
今は芸能人の店がほとんど無いのに驚きました
原宿もそういった店が激減してますからね~流行らないのでしょう
歳がばれてしまいますね(汗)

まずは世界遺産でもある天龍寺に寄ります
ここは法堂の龍の絵が有名です
また庭が大変素晴らしい事から日本で最初に国宝クラスに指定された事からも伺えます
入場は法堂側と庭側があり別料金となってました
建物から見るか庭から見るかの違いなのですが…

近場に有名な竹林があります
青い竹が緑の葉をつけ暑さもあって既に新緑と言うのに相応しい景観
夏場は涼しく感じると思います
a0125122_21105714.jpg
a0125122_2111528.jpg
a0125122_21111235.jpg


その後は桂川もしくは保津川のライン下りです
トロッコ電車に乗り上流からもありますが今回は時間もあり嵐山からのお手軽コース
嵐山の桜を愛でながらの川下り
船頭さんの小話を聞きながら、のんびり揺られながら片手にビール乙なもんですよ

More
[PR]
by cfbsp877 | 2010-04-21 21:12 |

円山公園@しだれ桜

東区に移動し歩きます
途中に大きな門がありました
京都の三大門のひとつ知恩院です
夕日に染まり門の桜との具合が意外に良い
歩いて回ると色々な発見があります
a0125122_6204380.jpg


陽が沈む頃に見てみたい桜があります
円山公園のしだれ桜
ここは日中は宴会場、多くの人が飲んで食べてます
桜前は写真を撮るために多くのカメラマンの三脚が乱立してました
空がトライライトに染まると桜もしだいに良い色に…
a0125122_6205686.jpg


More
[PR]
by cfbsp877 | 2010-04-16 06:21 |

水路閣からインクライン

南禅寺を抜けると自然とこの異国情緒あるレンガ造りの建築物にぶち当たります
火曜サスペンスなどでもお馴染みの場所です
a0125122_2054641.jpg

明治の頃には美観を兼ねて批判をさけるためにモダンな景観にしてあります
実は琵琶湖疏水の一部です
琵琶湖疏水とは琵琶湖から宇治川まで水路を設け工業用水、発電も賄っています
今も大量の水が流れています
上にあがりその疏水を見ながら歩きます
a0125122_2063871.jpg
a0125122_206528.jpg

すると蹴上の発電所を抜けインクラインにたどり着きます
インクラインとは高低差がある坂をケーブルカーのようにして台車でもって船を移動させる傾斜鉄道である
その名残の線路が今もあります
また沿道は桜が植えてあり歴史情緒がたっぷりです
ここは桜とあわせて何度でも行きたくなるマイスポットでもあります
a0125122_2071738.jpg


More
[PR]
by cfbsp877 | 2010-04-15 20:08 |

南禅寺

哲学の道終着点に京都五山の別格として位置づけられている格式ある禅寺があります
京都の中でも見応えある山門、三大門としても有名です
いつか桜が咲くその門を見てみたい
そんな願いを今回は果たして見ました

南禅寺山門は歌舞伎で石川五右衛門が上から京の町を眺め絶景かな絶景かなと名セリフを吐くシーンがある
その景色を見たくて上がりましたが…僕の口からを言えません

a0125122_644460.jpg
a0125122_645291.jpg
a0125122_645897.jpg


More
[PR]
by cfbsp877 | 2010-04-14 06:10 |

哲学の道

桜を追いかけてばかりでUPせず
こりゃいかんでUPです

日本で有名な桜の小道と言えば哲学の道
おおかた想像は出来るが凄い人だろう
でも一度は体験しておかねば…

この道について触れておきます
著名ななんやらさんと言う哲学者が物思いにふけった事から名がついたのですが今は人ごみを避けるので
精一杯(笑)
ぼけっとしてると飛んでもない事になります
またこの道は銀閣寺付近から南禅寺までの約二キロあり界隈にも色々見どころがあり散策にはもってこいの地理条件
桜百選、日本の道百選にもなっており非常に人気の高い、この時期人口密度の高いエリアとなっております

この時は桜が最盛期、桜以外にも黄色い花や赤い花も咲いており小道が賑やかです
電車の旅というのもあり昼間から飲んだり食べたり歩いたりと御気楽の散策となりました
a0125122_548670.jpg
a0125122_5481490.jpg
a0125122_5482167.jpg
a0125122_5482987.jpg


More
[PR]
by cfbsp877 | 2010-04-13 05:49 |