バイクとカメラとその他色々と


by cfbsp877
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:EF17-40F4L ( 17 ) タグの人気記事

深野の段々畑

棚田百選、三重県飯南町
人々の暮らしと共に今も息づく集落全体そのものが棚田
石積みの芸術と呼ばれる
120段あり石積みの美しさは確かに類を見ないものであった
a0125122_21434167.jpg


More
[PR]
by cfbsp877 | 2011-09-03 21:45 | 散歩

古都 鎌倉

今年は猛暑しかも記録的です
お盆はどうお過ごしでしょうか
帰省に墓参りに仕事三昧に渋滞?
とりあえず僕も一段落って事でUPです

もう1カ月以上前の事ですが…記憶の彼方ですね(汗)
鎌倉は確か小学生の時に訪れて以来
そして意外な事にここは神奈川県なんですね、驚きです
鶴岡八幡宮と大仏が記憶に残っていますが、その当時はまだガキんちょ
なんか地味な街だなと感じたものです
歳を経て自分にどう映るのか?こういう旅も面白いかも知れませんね
a0125122_2064112.jpg
a0125122_2065118.jpg
a0125122_2065866.jpg
a0125122_207630.jpg


More
[PR]
by cfbsp877 | 2010-08-17 20:08 |

北東北 (海)

月に一度は更新するのが今年の目標
って事で更新です!
ちと前に北東北を回ってきましたが上げるのが面倒くさくなり放置状態

文を練るのがめんどいので、こんな所あるよって感じで上げときます

浄土ヶ浜
a0125122_2027282.jpg


鵜の巣断崖
荒涼とした景色が曇天と合いサスペンスドラマのようでした
a0125122_20275625.jpg


北山崎
青い海と険しい岩山
素晴らしいコンストラストで気分も爽快になります
a0125122_20293484.jpg


More
[PR]
by cfbsp877 | 2010-06-10 20:31 |

ノリタケの森

日曜日のとある午後、時間が出来たので名駅から栄生まで運動を兼ねて歩きます
ルーセントタワーが青空を写しこみます。被写体としてはまあまあですね
a0125122_8134347.jpg

西へ歩くと陶器で有名なノリタケカンパニーが展開する複合施設ノリタケの森がある
名古屋市西区にあるのは知っていたが初めて訪れました
当時の陶器を焼いていた工場を壊すことなく再現した公園
重厚なレンガ群の建物が歴史を感じます
a0125122_814438.jpg
a0125122_8145126.jpg
a0125122_8145967.jpg

a0125122_8184777.jpg

中にはおいしそうな料理を出しそうな飲食店もあり立派な施設です
次回は美味い料理とワインでもと言う気になります
この日は太陽がサンサンと降り注ぎ皆ベンチに腰掛け思い思いの時間を過ごしている
都会の中のオアシス的な環境がいいですね
公園内に一本だけ桜が咲いてました
早咲きの河津桜、青空をバックに仄かなピンクがよく映える
a0125122_819146.jpg
a0125122_819941.jpg

すぐ近場にはトヨタの産業技術センターなる博物館があります
世界を揺るがしている巨人
何を展示しているのか?
入場にお金が掛かるので今回はパスでした♪

More
[PR]
by cfbsp877 | 2010-03-06 08:20 | 散歩

京都<冬>

何となく京都に行きたくなり行ってきました
日本の心のふるさとと言ったら言い過ぎでしょうか
しかし何度訪れてもいいです
真冬でも見どころあります

まずはなんとなく二条城へ
修学旅行でも訪れた思い出の地でもあります
ここは江戸幕府最後の将軍徳川慶喜が政権を朝廷へ返上する俗に言う大政奉還が行われた場所として知られています
今年のの大河ドラマで恐らく出てくるのではないでしょうか
内部は撮影禁止、お庭はよくお手入れされてました
床は歩くと板が擦れてキュキュと鳴きます
外部の侵入者を防ぐと言われる鴬張りなんですね~
いい音してます♪
a0125122_21564154.jpg
a0125122_21565321.jpg
a0125122_2157433.jpg
a0125122_21571285.jpg

お次は久しぶりの金閣寺
正式には鹿苑寺と言うそうな
池に映る金のお寺が美しいです
室町幕府の三代目将軍足利義満が建てた隆盛を誇った北山文化です
お寺が以前に放火で焼けているそうです、勿体ない
僕の場合は義満といえばアニメ一休さんです
将軍に対してやけに馴れ馴れしいシン衛門に桔梗屋の掛け合いが面白かったです
a0125122_2157362.jpg
a0125122_21574359.jpg

[PR]
by cfbsp877 | 2010-02-14 21:59 | 散歩

燃える紅葉 白山

少し前ですが以前から興味あった白山に出かけてみました
もちろん紅葉を見に
白山は岐阜県から福井県にまたがり百名山のひとつ
ここは白山スーパー林道という有料道路が整備されてます
何故か二輪走行は禁止されてます。残念
行った人から噂は聞いてましたが、素晴らしいの一言!
料金払う価値あります
標高があるので山頂からすそ野までじょじょに降りてくるので長い期間紅葉が楽しめるのも良いです
この日は山頂付近は終わってましたが中腹は最盛期
本当に燃えるようなと言う形容詞があう紅葉具合
曇天でしたが見応え十分、写真でもその素晴らしさがお解り出来るでしょうか?
快晴時はさらに映えるのでしょう
想像がつきません
a0125122_23241694.jpg
a0125122_2324245.jpg
a0125122_23243034.jpg
a0125122_23243983.jpg

どの車も時速20~40キロのトロトロ運転
しかし皆急ごうとしません
なぜなら余りの紅葉の素晴らしさだからだと思います
外の景色に見入ってしまいガードレールにぶつかりそうになります
次回は快晴の時に訪れたい。そう感じました

More
[PR]
by cfbsp877 | 2009-11-06 23:25 | 散歩

弥陀ヶ原の紅葉

「みだがはら」と聞いて七曲と思い浮かぶ人は紅葉の通です
弥陀ヶ原は立山アルペンルートのひとつで曲がりくねったきつい坂辺りを七曲と呼びます
バスの離合が厳しいコーナーの連続区間です
この辺りは毎年ニュースで話題になる紅葉のメッカでもあります
一度紅葉時に行きたいと思ってました
残念ながら一般車走行不可のためバスでしか走れません
このバス待ちが2~3時間になる事でも知られています

高速飛ばし平日に行きました
8時過ぎに着いたにもかかわらず駐車場はギリギリセーフ
バス切符売り場に行くとすでに人の行列!先が思いやられます
ここから美女平駅までケーブルカーで行きます
ピーク時には臨時バスも出ていました。そのお陰で分散し1時間待ちで済みました
ちょっとホッとしました
室堂行きバスに乗り弥陀ヶ原で下車
a0125122_2054061.jpg
a0125122_2054869.jpg
a0125122_2055579.jpg
a0125122_206274.jpg
a0125122_2061060.jpg

この日は大快晴!降りた途端に青い空と立山連峰
遥か向こうには富山湾と最高のロケーションです
ナナカマド、タケカンバと紅葉真っ盛り
大日岳を見て秋の草紅葉した湿原を巡ります
弥陀ヶ原散策コースで1時間強、綺麗に歩けるように整備がいき届いていました
その後はカルデラ展望台へ、30分ほどです
展望台に上がると眼下に立山噴火口跡が陥没して出来た壮大なカルデラを拝むことが出来ます
いまだに温泉が湧いているのが見えました
また連峰でもっとも美しいと言われる薬師岳も見ることが出来ます
夏も良いですが秋も最高の立山でした

More
[PR]
by cfbsp877 | 2009-10-21 20:07 |

信州 赤そばの里と紅葉

いよいよ紅葉が山では盛り、今年は少し早いそうです
天気が良いのでちょっくら行ってきました
その前に長野県箕輪に今に時期、珍しい赤いそばの花が咲くと言う
sansenkisoさんのブログを拝見しこれは一度見ておこうと寄り道です
もとはヒマラヤ原産の赤い花、それを品種改良で持ち込んだそうです
高嶺ルビーと呼ばれているそうだ

R19を北上し権兵衛トンネルを抜け広域農道へ
すると赤そばの里なる看板が
しかし場所が違うのもあり迷います
どうやら赤そばの里はひとつでは無い模様です
とりあえず行って駐車場に止め歩きます
午前の部の赤そば試食が終わってました。どんな味か気になる所です
少し歩くと森の中に赤そば畑がありました
無数の小さな花が遠くまで可憐に咲いてました
そばの花には見えません。まるで赤いルビーのようでした
a0125122_87301.jpg
a0125122_873883.jpg

赤そばの里を後にし目的地へ急ぎます
今回の目的地は麦草峠にある高見石と紅葉のメッカと言われる白駒池
この麦草峠は国道最高地点で2番目に高いと言われる場所でもあり日本メルヘン街道の一端でもあります
諏訪方面から標高をぐんぐん上がるときついカーブに出くわします
アクセルを開け一気に駆け上がります。ちょっと寒いです
麦草峠にて駐車場でバイクを止めカメラを担いでハイキングです
a0125122_8104487.jpg
a0125122_8105121.jpg

ここで凄い安易に考えていたのが…後で災難となって振りかかります
実は白駒駐車場に止めていればちょっとしたハイキングでしたが麦草峠駐車場からは凄い距離と急こう配を上がるハイパートレッキング!下調べが出来てませんでした
しかも前日の雨でえらいぬかるみです。歩くと靴に水が染みてくる始末
降りてくる人ともほとんどすれ違わないルートとあり寂しい気分になってきます
そういえば先日乗鞍で熊が出たとニュースであったな~とますます不安になります
何処からともなく奇妙な動物の鳴き声が響きます
バイクジャケットでバイクシューズに足をとられ交換レンズ積載の重いカメラ機材を担いでの予想外のハイパートレッキング
バイクで道中を楽しみ軽トレッキングでカメラ撮影をと甘い考えでした
ひえ~ぜぇぜぇ息が切れます!汗ベタベタで外気温もかなり低い!2000mクラスの高所とあり立ち止まると凄い寒い!
コンディションは悪い方向へ向かいます。
心細いわ、寒いわ、天候は下り坂でもうフラフラ~
頂上の丸山まで出ますが天気はいまいちです
その先の高見小屋で気が動転したのもあり目的地の高見石をパスしてしまいました
a0125122_8112985.jpg
a0125122_8113716.jpg

下りいつの間にやら白駒池に降りていました
(゜o゜)アレレのレ状態。戻る気力もありませんでした
池はかなりの紅葉です、多くのカメラマンで賑わってました。
風があり雲も厚いので写真的にはいまいち。
フラフラになりながら写真を撮り駐車場まで歩きます。戻りはR299を歩きました
そんなこんなで霧が出て来てすぐに撤退です
ひどく疲れたツーリングとなりました
次回は赤く焼けた八ヶ岳を見てリベンジを誓いました!

More
[PR]
by cfbsp877 | 2009-10-17 08:13 |

初秋の寸又峡

大井川鉄道のSLが見たい
そして寸又峡の夢のつり橋を渡りたい
と言う事で紅葉に少し早いですが行ってまいりました

大井川鉄道は蒸気機関車の動力保存の観点からSLを常時運行している鉄道として知られています
高速飛ばして牧の原でおり下道を一時間ほど走るとSL始発駅の金谷駅到着です
時刻表を調べて先回り
道の駅付近にかかる鉄橋を渡るSLを撮ろうと場所を陣取ります
通る電車で試し打ちをし遊びます
そんな事をしていると遠くから「ポ~~~~ッ」甲高い汽笛が聞こえてきます
蒸気を唸らせて黒い鉄の塊が近づいてくる
電車とは違う迫力。独特の車輪の音、機械音がいいです
乗った事が無いので乗るのも一興ですね
動きものは一瞬が勝負!写真的には難しい~
SLは千頭駅までその後はアプト鉄道となります(このアプトも珍しいです)
千頭駅では始発のためSLが居ました。記念撮影です
千頭駅は道の駅との併設のため休憩には良いです
a0125122_1951102.jpg
a0125122_1951248.jpg

寸又峡はさらに奥へと上がっていきます
それもかなり狭路、地元のバスも通るとありカーブは冷や汗もんです
ここから毎日通勤されてる方も居るんですが…いやはや怖いです
つり橋までは車では行けません
途中に駐車場があり車を置き、徒歩です
回るには約1時間ほどでしょうか?運動には最適です
この日もかなりの人が散策を楽しんでいる模様でした
まずは近代的な飛龍橋を渡ります
その後急な下りを経て夢のつり橋へ
僕はもっと凄いつり橋を今まで見ているので何とも感じませんでしたが、あまりこう言った経験をしていない人にはかなりインパクトあるみたいです
実際つり橋とありかなり揺れます。紅葉時には一方通行になり橋には人数制限が出来ます
ダム湖の上を歩くのですが紅葉時は湖面に映り綺麗だと思います
鉄道と紅葉を楽しみたいのであればお勧めですよ
a0125122_19514488.jpg
a0125122_1951539.jpg


More
[PR]
by cfbsp877 | 2009-10-14 19:53 |

常滑散策

めっきり涼しくなったのでお出かけです
向かった地は愛知県常滑市
ここは中部国際空港セントレアと競艇場、古くからやきものの町常滑焼で知られています
最近では映画20世紀少年のロケ地となりました

常滑では実際の窯を使い焼き物を売る店が狭い路地に無数にあります
ぐるっと回ると2キロ無い道を散歩出来ます
そのコースはやきもの散歩道と呼ばれています
家々は黒壁に黒い瓦、塀は土管や酒瓶などの焼き物でこしらえてあります
中には土管坂なんて場所もあります
生産性を考えた登り窯も見学出来ます
何故か猫の焼き物が目につきます
a0125122_6381039.jpg
a0125122_638188.jpg
a0125122_638274.jpg
a0125122_6383586.jpg
a0125122_6384240.jpg

高台に上がると町の中心部に窯の煙突が多く見えます。気持ちのよい場所でした
歩き疲れたらこじんまりとした喫茶で一休み
所々には秋の草花も咲いてました
初めて訪れると余り見た事の無い路地裏に驚く事でしょう
地図片手に回らないと迷子になります

More
[PR]
by cfbsp877 | 2009-09-25 06:40 | 散歩